自己破産とブラックリスト

もしも、融資を受けたものの返済ができずに自己破産をすると、ブラックリストに入ることになります。ブラックリストとは、信用情報会社に照会すると、自己破産したことがわかってしまう状態です。信用情報会社とは、信用情報をチェックすることが可能なところです。自己破産だけでなく、延滞や、ローンの返済状況など、キャッシングの返済実績について確認できます。信用情報機関に照会をすることで、金融会社は審査の判断根拠としているわけです。現在の融資金額や、滞りなく返済ができる人物か、自己破産をしているかどうかといったことが確認できます。

審査内容は会社ごとに異なりますが、いずれの場合でも、信用情報会社に自己破産情報が残っている顧客に融資をするような会社はありません。自己破産してから、5年~7年は、信用情報会社に記録が残ります。自己破産の情報が残っている限りは、新しいクレジットカードもつくれないでしょう。場合によっては、融資を受けたいけれど自己破産しているという人に、非合法な金融会社が融資の話を持ってくることがあります。ヤミ金融と呼ばれる業者に騙されないようにしましょう。自己破産してしまい、融資が受けられない状況のはずなのに、誘いをかけてくるような金融会社があれば、その話には何か裏があるのかもしれません。自己破産のせいで融資が受けられない人をターゲットに、耳寄りな融資話を持って来る業者に、騙されないようにしましょう。仮に自己破産をしたとしても、余剰の資金がふえるという事態にはならないのです。自己破産の手続きが認められるとつい油断することもありますが、再び融資を受けるということがないようにしてください。
http://深夜キャッシング.biz/