ブラックでキャッシングできない

お金を借りて返済遅延を起こすと、ブラックリストに載ると言われています。中にはブラックでキャッシングできないという人の声も聞こえてきますが、そもそもブラックリストとはどこにあり、誰がそのリストを更新しているのでしょうか?

実はブラックリストというリストは存在していません。返済遅延を起こした人がリスト化されているということはありません。ですが、その人個人が返済遅延を起こしたかどうかというのは、金融機関であれば実は簡単に知るすべがあります。それが、個人信用情報機関に登録されている個人信用情報です。お金を借りたり返済をしたりとした記録は、この個人信用情報に登録されていきます。この情報に、返済遅延が起こったという情報も登録されることになりますので、金融機関は個人信用情報を照会したときに、その人が返済遅延などの金融事故を起こしたかどうかを知ることが可能です。

リスト化をしなくても、この個人信用情報を照会するだけで返済状況は確認することが可能になっていますので、わざわざリストをつくる手間などは不要になりますよね。この金融事故情報は金融事故の種類によっても異なりますが、1年~5年間くらい登録され、その後抹消されます。期間の開始は事故が起こった時が起算になる場合と、契約終了時が起算になる場合とがあります。