時効援用と借金時効について理解する

一度大きな金額までに膨らんでしまった借金というものは簡単には返済を終えることは難しく、そのような借金を抱え込んでしまった人の多くは日常的に借金の返済に追われる毎日となってしまい、経済的にも精神的にも非常に追い詰められた生活を強いられることになります。

そのような借金にまつわる問題を解消するための手段としては、法的な手続きを踏んで借金を整理する債務整理という方法があります。

債務整理の手続きをすること整理の整理をすることで借金が大きく減額されたり、あるいは借金そのものがゼロになる可能性もあるからです。

ただし、債務整理の手続きをするには決して安くはない費用が必要になったり、債務整理後の生活に何らかの制約を受けることになるおそれもあります。

そのため、債務整理の制度を利用することにためらいを感じてしまう人も少なくはなく、借金を抱えたまま追い詰められた生活を過ごしている人もいます。

どうしても債務整理の制度に頼らずに借金の問題を解消したいという人には、時効援用とするという手があります。

消費者金融などからの借金については一定の期間が経過した後には借金時効が成立しますが、借金時効の期間が経過した後にはその旨を債権者に伝えることで時効が成立した以降は借金の返済から逃れることができないうようになるのです。

ただし、借金時効までの年月が経過し、時効援用をするためには債権者からの請求を受けることなく、債権者は返済を行わないという要件を満たす必要があります。引用:消滅時効の援用相談が無料【できる!】