キャッシングの金利の決まり方

キャッシングの金利は、年利5~18%のように幅があります。
この範囲の中から実際に適用される金利が決まりますが、限度額が100万円未満の場合、まずその範囲の上限の金利になると考えてください。

利息制限法により、100万円以上の融資になると、年利15%が法定最高金利になります。10万円以上でそれ未満の場合は18%が法定の上限です。よって、100万円未満の場合には上限金利が適用されることがほとんどなのです。

100万円以上の限度額になると、どのキャッシング会社を利用しても、年利15%を超えることはありません。更に、限度額がその会社の最高融資額に近付くに連れて、序々に範囲の下限に近付いて下がっていきます。

また、利息制限法では10万円未満の融資の場合、年利20%までの金利を徴収することができますが、年利18%を超える金利を提示しているキャッシング会社はほとんどありません。

これは、キャッシングの金利は実際に融資を行った額ではなく、限度額によって決まっているからです。
キャッシングの限度額は最低でも10万円のことがほとんどなので、年利20%を適用することができません。その為、年利18%が最高になっているのです。
闇金どうにかしたい